ロコモプロには
軟骨の主な構成物質である

Ⅱ型コラーゲン
ヒアルロン酸と
プロテオグルカンが配合されていますが、

3つ目の成分プロテオグルカンとはどんな成分なんでしょう?

プロテオグルカンとはタンパク質を示すプロテオと

多糖類という意味を持つグルカンの複合糖質のことです。

体内では軟骨や皮膚に存在しており
コラーゲンやヒアルロン酸と協調することにより

肌のうるおいやハリ

軟骨においては柔軟性や弾力性に効果を発揮してくれます。

この軟骨の成分3種の協調が極めて重要なのですが

コラーゲンやヒアルロン酸は抽出しやすいのに比べ
プロテオグルカンは分子構造も複雑なため
抽出がこれまで困難でした。


有効な成分にも関わらず抽出が困難という中で
ヒントを与えてくれたのが

青森県の郷土料理 氷頭なますだったそうです。

サケの鼻軟骨を使ったこの郷土料理から
ヒントを得た弘前大学では、これまで廃棄されていたサケの鼻軟骨から

高純度かつ大量にプロテオグリカンを精製する技術の開発に成功。

これまで高価だったプロテオグリカンを低コストで供給することを可能にしました。

研究当初、牛の器官軟骨からプロテオグルカンを
抽出しようとしていたときは

手間もかかり精製量も微量であったため 1グラム38000万円といいう超希少な成分だったそうです。

しかも様々な薬剤を使っていたため決して安全といえるものではありませんでした。


プロテオグリカンはロコモプロに採用され私たちのところに届けられるようになったのも
30年の研究の成果のおかげなんですね。


この貴重なプロテオグルカンが配合されたロコモプロを、この機会に始めてみませんか?



➡プロテオグルカンについての詳細はこちらです。